スポンサーサイト

--/--/-- --曜日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| --:-- | スポンサー広告 | ↑ページトップ |

Eric Chauvin氏のレッスン -2-

2009/08/02 日曜日

各々花選びが終わったらいよいよレッスン会場へ移動(2件程お隣のビストロ上階にて)。

Ericの選んだ花材は期待に外れずエレガントなイヴ・ピアッチェやスイートピー、紫陽花にビバーナム・ティナスなどなど。最初はEricには珍しいchampêtre&mélangerスタイルです。 mélangerとは混ざり合ったという意。

DSC05732.jpg

葉を絡めたchampêtreスタイル、凹凸もついています。それに比べて対照的なのが、彼が続けて作ったpar masseでtête-à-tête(頭揃え)のブーケ。こちらは各花材を固めてブロッキングしながら、頭がボコボコしないように揃えられたスタイルです。同じ花材を使いながらも、受ける印象はガラッと変わります。

DSC05737.jpg

デモが終わるといよいよ我々の番。緊張しますね~。

DSC05723.jpg
DSC05722.jpgDSC05719.jpg

最後に完成した作品を各自持ってEricと記念写真。私は白とグリーンでまとめたpar masseスタイルにしましたが、皆さんchampêtreやmélangerもあり、とっても素敵な作品を作られていました。このように、作り手がそれぞれ異なる花材をもって作品を仕上げるというレッスンはEricにとっても初めてのことだったそうで、とても興味深そうでしたよ。

DSC05741.jpgDSC05742.jpgDSC05743.jpgDSC05744.jpg
DSC05745.jpgDSC05746.jpgDSC05747.jpgDSC05751.jpg

レッスンの後は一階のビストロで軽食をつまみながらワインのひと時。
夜とはいえ、10時過ぎまで昼間のような明るさが楽しめるパリ。みんなゆったりと楽しんでいました。



にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 10:06 | Paris | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

Eric Chauvin氏のレッスン -1-

2009/07/31 金曜日

エリック ショウヴァン氏のレッスンを受ける為、ブティック「Un jour de fleurs」を訪れました。こじんまりとしたブティック内はところ狭しとロマンティックな花達で溢れています。

DSC05707.jpg

ロマンティックの代表、イヴ・ピアッチェ、そして丸く膨らんだ可愛らしい白い芍薬たち。何とも贅沢な空間です。

DSC05709.jpg

ブティック内はとぉ~ってもいい香りに満ちています。

DSC05708.jpgDSC05711.jpg

こちらはrose de jardinでしょうか、、?
圧巻ですね~。やはり薔薇はエリック氏を象徴する一番の花ですね。

DSC05705.jpg

そこかしこに薔薇、薔薇、薔薇。
一人一人が、この後のレッスン用にブティック内から使いたい花材をエリック氏と一緒に選んでいきます。あれもこれもと目移りしてしまうひと時。

DSC05704.jpg

いよいよこの後はレッスンです!

DSC05706.jpgDSC05713.jpg



にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 23:20 | Paris | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

Astier de Villatte パリの魅惑

2009/07/27 月曜日

エリックのお店に行く前に番外編を少し。
手のぬくもりを感じさせながらも、洗練された作品が魅力的なAstier de Villatteへ今回も行ってきました。

今回の収穫はこの3本足のちょっとぽってりとしたvaseと可愛らしいfleursシリーズのゴブレット2点。

DSC06001.jpg

このvaseの足はよーく見るとドラゴンなんですね。逆向きになったドラゴン3頭が口(顎?)で支えているというモチーフ。見れば見る程、愛嬌を感じるvaseです。

DSC05996.jpg

そして、fleursのゴブレット。一つはスズラン、もう一つは、、、野の花でしょうか。
一目見て惹かれて買ってしまいました。

DSC05995.jpg

一つとして同じものは無い、どこか少しずつ違う顔のAstierの作品達。
愛おしく感じるとともに、また次回に思いを馳せるのです。



にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 22:19 | Paris | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

ロダン美術館

2009/07/25 土曜日

充実したランジス訪問から戻った後。この日は夕方からエリック・ショウヴァン氏のレッスンが控えていたので、その合間をぬってロダン美術館を訪れました。

ここに来るのも実に何十年ぶり?
この美術館は広い庭園を有しており、緑の自然に囲まれた素晴らしい環境の中で芸術に触れることが出来る素敵な空間です。

エッフェル塔をバックに「考える人」なんて構図が見れるのもここだけ!

DSC05703.jpg

季節もそろそろ終わりかけの薔薇園。アンヴァリッドを背景に。

DSC05675.jpg

庭には「地獄の門」も。

DSC05699.jpgDSC05676.jpg
DSC05686.jpgDSC05692.jpg

穏やかな優しいまどろみの顔。

DSC05680.jpg

大理石はまたその陰影が醸し出す絶妙且つ柔らかい表情が素敵なんですね。

DSC05684.jpg

こんな都会の中にも溢れる緑の空間で楽しい庭散策は続きます。。。

DSC05690.jpg
DSC05694.jpgDSC05696.jpg

さぁ、これからエリックのお店「Un jour de fleurs」へ向かいます!



にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 21:03 | Paris | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

ランジス市場より

2009/07/22 水曜日

パリ研修初日はランジス市場を訪れるところから始まりました。
前回、真夏にもかかわらず底冷えする寒さにびっくりした私は、今回は防寒対策もバッチリ。日本では既に季節も過ぎたスカビオサもまだまだ元気いっぱいに市場を賑わせていました。

DSC05617.jpg

実ものコーナー、葉ものコーナーなど充実していて、本当に見ているだけでも楽しい場所です。今回はモス(苔)の山も見つけて大はしゃぎ。

DSC05625.jpgDSC05628.jpg
DSC05633.jpgDSC05648.jpg

花びらがグリーンがかって素敵な薔薇。

DSC05652.jpg

色毎にまとめられて飾られていたり、グラデーションになっていたり展示の仕方は店ごとに様々。南国の葉や実、果実などの専門店もあります。

DSC05646.jpgDSC05658.jpg
DSC05659.jpgDSC05655.jpg

色々いろいろ。。。

DSC05643.jpg

まだ紫陽花が頑張っていたりします。
こちらの紫陽花は巨大!人の頭くらいの大きさがあります。真っ白の紫陽花、本当に素敵。

DSC05663.jpgDSC05657.jpg

トップフルリストのエリック・ショウヴァン氏の姿もチラリ。
どんなにトップを極めても、やはり自身の目で花材を選ぶその姿勢、流石ですね。

DSC05622.jpg

ランジスでの収穫は綺麗色のリボン。
リボンが大の苦手な不器用な私ですが、あまりに可愛い色に惹かれてご購入です。周りのみんなはグッズ購入に夢中~になっていました。買い物心に火がつく、そんな危険がいっぱいの魅惑的な場所でもあります。



にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 22:16 | Paris | コメント(4) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。