スポンサーサイト

--/--/-- --曜日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| --:-- | スポンサー広告 | ↑ページトップ |

ノルマンディー Karl Fuche氏の邸宅より

2009/08/15 土曜日

Paris花研修2009の醍醐味、それは一昨年果たせなかったカール・フーシュ氏のノルマンディーの邸宅訪問。今回やっとその夢が実現しました。

DSC05912.jpg

広大な農地を所有されているカールさん。いまや20頭を超える牛達の面倒も自らみていらっしゃいます。

DSC05796.jpgDSC05806.jpg

手入れが行き届いていないんだよね~と何かにつけて仰るけど、いえいえ、こんなところにも丁寧な気配りが。。。これはクレマチス。最後まで自然にとけ込みながらその姿を楽しむ姿勢が感じられます。

DSC05804.jpg

農地を案内して頂きました。深く草が生茂る中を歩くので、サンダル履きの人にはハイソックス(!)とシューズの貸し出しが。心配りの方ですね。

DSC05814.jpgDSC05822.jpg
DSC05809.jpgDSC05857.jpg
DSC05862.jpgDSC05863.jpg

敷地内を歩いていると、カールさんの原点やエコロジーの信念がうかがわれてきます。自然との共生。フランスのトップフルリストでありながら、今や彼の関心は花という世界に留まらず、更に広く深いところへ突き進んでいるようです。そして、それは私の師匠も同じ。今回、カールさんとはビオ(BIOとはAgricultule Biologiqueのことで、オーガニック(無農薬有機農法)を指します)を始めとする深い話に盛り上がっている様子でした。

DSC05865.jpg

散策から帰宅後は、邸宅にて素敵なランチ。残念ながらお部屋の中なのでここでは公開できませんが、何とも素晴らしいため息のこぼれるようなテーブルセッティングが準備されており、自然美と装飾美の絶妙なバランスのセンスにうっとりするひと時でした。
あの場を手伝って頂いたマダムとお友達に感謝!

DSC05919.jpg

ランチが終わるとお庭でデモの開始です。今回は短い時間の中4つの作品を披露してくれました。一つ目は、まさに今庭で摘んできたばかりのような葉もののブーケです。カールさんの得意とするchampêtreな大振りの作品。実ものやわずかに花材を入れてアクセントに。

DSC05926.jpgDSC05922.jpg

こちらは、ラベンダーを贅沢に使った香り高い作品。ここでもふんだんに使っているのが、graminée(グラミネ)と言われるイネ科の葉もの。カールさんの世界では欠かせない存在ですね。

DSC05928.jpg

この小さなbijouxのような深い色味が差し色のスカビオサのブーケ、何と再婚者の為のブーケという名前。これだけ色が溢れていると、2度目以降、、、てことですかね?名前はともあれ、とっても素敵なブーケなのです。大人気でした。

DSC05930.jpg

最後は、少し「和」、「生け花」のテイストも折り混ぜたような作品でした。
枝モノでアウトラインを取り、その後、それぞれの花材を枝に絡ませたり沿わせたりしながら活けていきます。これくらい背が高い作品だと、スイートピーも本来の豆科の植物としての姿が心置きなく生かされて、のびのびとして見えます。

DSC05935.jpg

とにかくひたすら感嘆するばかりだったカール氏のお宅訪問。
ここには、この土地を愛してやまない自然派で究極のビオロジストの原点が脈々と息づいていました。またいつか訪れる機会があれば、、、と願っています。


p.s. 今日は64回目の終戦記念日。
このような穏やかにブログを綴ることの出来る今の世の中の私達は幸せものだと思います。どんなことがあっても被爆者の方々に訪れたような不幸は二度とあってはならないと、戦争を知らない私たち世代が受け継いでゆかないといけないと思うのです。


スポンサーサイト

にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 19:05 | Paris | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

こんばんは☆

今回のご旅行ではカール氏のお宅へも行かれたのですか。
本当に花研修という名にふさわしい、充実した内容ですね!
これだけの広さの土地を、どのように維持しているのでしょう・・・?どの写真もとても素敵です。
贅沢なスカビオサのブーケに目を奪われてしまいました。

私もNHKのニュースで終戦記念日の様子を見て、
絶対に戦争を繰り返してはいけない、と思いました。
日頃なかなか口に出さない話題なだけに、スノーボールさんの
追伸コメントに感動しました。


Bianca | URL | 2009/08/16 (日) 00:29

Re: タイトルなし

Biancaさん、いつも有難うございます。

スカビオサ、これだけ束になるとゴージャスですよね!
何十本使っているのかしら、という程贅沢な量なんですよ。
宝石みたいでうっとりしました。
カールさんのお宅は時間をかけてご自身でここまでの形にされたそうです。
土地もとってもsauvageでありながら牛達の為の細かいケアは彼がちゃんとしてるんですよね。。。お忙しいでしょうにすごいなぁと感嘆しました。

原爆の事実は、時とともに風化されてはいけないことだと思ってあえて文字にしてみました。
母が広島出身なのでその影響だと思います。

スノーボール | URL | 2009/08/16 (日) 11:18

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。