スポンサーサイト

--/--/-- --曜日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| --:-- | スポンサー広告 | ↑ページトップ |

Vacances au Maroc ~ 北アフリカ上陸!フェズの街から

2010/12/18 土曜日

11月の下旬、やっと取れた遅めの夏休み(遅すぎ!)を利用して憧れの地、モロッコへ行ってきました。
私にとって初めてのアフリカ大陸。そして、フランス語が通じるという多少の気安さも手伝って。。。

DSC00312.jpg

フェズの街を見下ろして。。フェズといえば有名なのが迷い道とも言われるメディナ。ここはとても入り組んだ細い道の両側に店が立ち並ぶ旧市街。
ところで、モロッコではCS放送が無料なので、あちこちにパラボラアンテナが目につきます。モロッコの人達はテレビッ子なのだそう!意外な感じですね。

DSC00208.jpg

王宮にて。外から見るだけですが、壁の模様はとても細やかで素晴らしいもの。イスラムの文化圏に来たのだということを実感。

DSC00159.jpg

タイル細工の繊細さ。

DSC00239.jpg

街ではいろんな類のものを売ってます。パンの横では籠バッグが。。。

DSC00270.jpg

この工房ではタジン鍋やお皿、タイル細工の飾りなどを造っています。ミニタジンの小物入れ、可愛い!

DSC00246.jpg

モロッコにはあちこちに猫がいます。街並にとけ込んでそれは自然に。
犬よりも圧倒的に遭遇率高し!

DSC00278.jpg

町中の博物館の屋上の壁穴からフェズの街を覗いてみると、、、

DSC00343.jpg

色、色、色。。。

DSC00333.jpg

有名な神学校の中庭にて。

DSC00300.jpg

ここにもいた!

DSC00299.jpg

細やかな手作業の素晴らしいこと。

DSC00292.jpg

こちらはパン屋さんではなく、パンを釜で焼く工房。おじさんのところに毎日たくさんのパン生地を持った人達が訪れて大きな釜で焼いてもらうのだそう。

DSC00377.jpgDSC00376.jpg
DSC00375.jpgDSC00405.jpg

真っ赤なザクロとオレンジ。この色の組み合わせがまた食欲をそそるんですね~。

DSC00363.jpg

モロッコといえばまた照明装飾が目を惹きます。
あちこちで見かけた素敵なランプや照明、露店でも魅力的なものを売ってたので欲しくなってしまったり。

DSC00357.jpg

ね、ね!

DSC00349.jpgDSC00404.jpg

キッチュで可愛いでしょう?

DSC00395.jpg

そしてまた色、色、色!
鮮やかな色のバブーシュ達。

DSC00392.jpg

ここはなめし革工房。
ガイドにもよく出てきますね。この写真。ここではなめした皮に色をつけて染め、加工しています。
皮の臭いがすごくて参っている人達もいました。でもモロッコらしい場所かな。

DSC00384.jpg

左は「ファティマの手」といわれるドアノッカー。これが付いていると悪いものを家の中に入れないと言われている、ある種のお守りです。右は、何だろう?ちょっと気になった落書きです。

DSC00379.jpgDSC00378.jpg

モロッコと言えばミントティー。
こちらでは中国茶にフレッシュミントをたっぷり入れて、砂糖をたーっぷり加えて飲みます。最初は甘いミントティー??って思ったものの、案外いける。疲れもとってくれるモロッコの生活には欠かせないミントティーは、可愛らしい小さなミントティーグラスで頂くのが定番。

DSC00407.jpg

ちょっぴり陽が傾いてきました。。。さあ、もうすぐメディナを抜けます。

DSC00410.jpg

メディナの狭い道は人だけでなく、ロバもバイクも通ります。ロバ君、今日も働き者!

DSC00411.jpg

さぁ~、今日の晩ご飯は、と。ここではないけど可愛らしい看板だったので思わずパチリ。

DSC00412.jpg

明日はフェズから南に移動、砂漠に向かいます!


スポンサーサイト

にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 20:18 | | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。