スポンサーサイト

--/--/-- --曜日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| --:-- | スポンサー広告 | ↑ページトップ |

Vacances au Maroc ~ 砂漠へ 

2010/12/30 木曜日

イブの日から風邪で寝込んでいました。おかげで年末予定していたイベント諸々をキャンセルするはめに(泣)。
久しぶりに39度以上の熱を出し、点滴をうってもらったりとひと騒動でしたが、インフルエンザでなかったのが幸い。。。でも、最近なんだか年の瀬に倒れる確率があがっているような。自己管理の大切さを痛感しました。

モロッコ紀行(!?)の続きを。
フェズの街を早朝に出発し向かったのはサハラ砂漠観光の拠点、メルズーガ。
途中通過したのは、北アフリカとは思えないようなヨーロッパの佇まいを見せるイフランの街。

DSC00426.jpg

赤や黄色く紅葉した木々たちも、モロッコに入ってから初めて見る光景。

DSC00428.jpg

途中の街で果物を仕入れて、まだまだ進むよ~砂漠を目指して♪
乾いた岩肌を見ているとどんどん南に向かっている気がしてきます。

DSC00448.jpgDSC00468.jpg

車を停めたら自転車に乗った子供達が興味深そうに寄ってきました。ちょうどお昼休みの時間で一旦家に帰るところだそう。

DSC00470.jpg

お昼ご飯!
トマトとタマネギとオリーブのサラダは定番。タマネギも臭みが無くシャキシャキしているので美味♡。

DSC00478.jpg

チキンのタジン。ジャガイモやレモン、トマト、オリーブがたっぷり添えられていてこれも美味しい!

DSC00479.jpg

ここからまた数時間走り続けていよいよ今晩の宿となるメルズーガに到着。夕陽を見るため、ターバン巻いて準備を整えたらラクダに乗って移動を開始します。

DSC00517.jpg

奥にラクダが3頭座っているんですよ。うーん、砂漠です!
ちなみにラクダは後ろ足から立ち上がるんですね~。

DSC00522.jpg

夕陽のポイント近くまで行ったらラクダを降りて素足になり、ポイントまで登ります。サクッサクッと音にならない音と感触を足に感じながら歩く心地よさと言ったら!言葉で表せないこの感覚は五感ならではもの。絶対に忘れないと思う。そして日没、、、。

DSC00532.jpgDSC00535.jpg

どんどん沈んでいきます。空が高いなぁ~。

DSC00542.jpg

サハラとは「何もない場所」という意味だそう。

DSC00543.jpg

でも、初めて訪れたサハラは、何もないどころか、色々なものをその懐に抱いていて、大切なことを教えてくれる場所のような気がしました。そして、改めて思うのは、自然の中では人間の存在のちっぽけなこと。

DSC00546.jpg

近くのロッジで腹ごしらえをした後は、プチ演奏会。
民族音楽を演奏してもらいながら、みんなで踊ったり。いいなぁ、この雰囲気。みんなとってもサンパです。

DSC00568.jpgDSC00572.jpg

身支度を整えたら、今夜は砂漠でテント泊です。
この時期、サソリは出ないのですが、やはり明け方相当冷え込むので、防寒着をしっかり着込んで。

たき火を囲んでの話は尽きず。。。夜は更けていきます。
この日は満月で砂漠も明るく。でも星もキレイに見えましたよ。

DSC00585.jpg

明日はメルズーガの砂漠で日の出を拝んでこの地を出発です。


スポンサーサイト

にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 23:50 | | コメント(4) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

Vacances au Maroc ~ 北アフリカ上陸!フェズの街から

2010/12/18 土曜日

11月の下旬、やっと取れた遅めの夏休み(遅すぎ!)を利用して憧れの地、モロッコへ行ってきました。
私にとって初めてのアフリカ大陸。そして、フランス語が通じるという多少の気安さも手伝って。。。

DSC00312.jpg

フェズの街を見下ろして。。フェズといえば有名なのが迷い道とも言われるメディナ。ここはとても入り組んだ細い道の両側に店が立ち並ぶ旧市街。
ところで、モロッコではCS放送が無料なので、あちこちにパラボラアンテナが目につきます。モロッコの人達はテレビッ子なのだそう!意外な感じですね。

DSC00208.jpg

王宮にて。外から見るだけですが、壁の模様はとても細やかで素晴らしいもの。イスラムの文化圏に来たのだということを実感。

DSC00159.jpg

タイル細工の繊細さ。

DSC00239.jpg

街ではいろんな類のものを売ってます。パンの横では籠バッグが。。。

DSC00270.jpg

この工房ではタジン鍋やお皿、タイル細工の飾りなどを造っています。ミニタジンの小物入れ、可愛い!

DSC00246.jpg

モロッコにはあちこちに猫がいます。街並にとけ込んでそれは自然に。
犬よりも圧倒的に遭遇率高し!

DSC00278.jpg

町中の博物館の屋上の壁穴からフェズの街を覗いてみると、、、

DSC00343.jpg

色、色、色。。。

DSC00333.jpg

有名な神学校の中庭にて。

DSC00300.jpg

ここにもいた!

DSC00299.jpg

細やかな手作業の素晴らしいこと。

DSC00292.jpg

こちらはパン屋さんではなく、パンを釜で焼く工房。おじさんのところに毎日たくさんのパン生地を持った人達が訪れて大きな釜で焼いてもらうのだそう。

DSC00377.jpgDSC00376.jpg
DSC00375.jpgDSC00405.jpg

真っ赤なザクロとオレンジ。この色の組み合わせがまた食欲をそそるんですね~。

DSC00363.jpg

モロッコといえばまた照明装飾が目を惹きます。
あちこちで見かけた素敵なランプや照明、露店でも魅力的なものを売ってたので欲しくなってしまったり。

DSC00357.jpg

ね、ね!

DSC00349.jpgDSC00404.jpg

キッチュで可愛いでしょう?

DSC00395.jpg

そしてまた色、色、色!
鮮やかな色のバブーシュ達。

DSC00392.jpg

ここはなめし革工房。
ガイドにもよく出てきますね。この写真。ここではなめした皮に色をつけて染め、加工しています。
皮の臭いがすごくて参っている人達もいました。でもモロッコらしい場所かな。

DSC00384.jpg

左は「ファティマの手」といわれるドアノッカー。これが付いていると悪いものを家の中に入れないと言われている、ある種のお守りです。右は、何だろう?ちょっと気になった落書きです。

DSC00379.jpgDSC00378.jpg

モロッコと言えばミントティー。
こちらでは中国茶にフレッシュミントをたっぷり入れて、砂糖をたーっぷり加えて飲みます。最初は甘いミントティー??って思ったものの、案外いける。疲れもとってくれるモロッコの生活には欠かせないミントティーは、可愛らしい小さなミントティーグラスで頂くのが定番。

DSC00407.jpg

ちょっぴり陽が傾いてきました。。。さあ、もうすぐメディナを抜けます。

DSC00410.jpg

メディナの狭い道は人だけでなく、ロバもバイクも通ります。ロバ君、今日も働き者!

DSC00411.jpg

さぁ~、今日の晩ご飯は、と。ここではないけど可愛らしい看板だったので思わずパチリ。

DSC00412.jpg

明日はフェズから南に移動、砂漠に向かいます!



にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 20:18 | | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

ルージュとマロンカラーのノエルリース

2010/12/05 日曜日

またまたブログ更新が空きました。その理由はまた追々ブログにアップしてゆきますね。
さて、久しぶりの更新は、ノエルのリース!

DSC01534.jpg

今年は花材の持つ赤みのグラデーションとグリーンのコンビネーションを彩りに活かしたリースを作成しました。紅葉ヒペリカムの赤みはいつ見ても素敵。今回はリースには初顔のカンガルーポーとドラセナを織り交ぜて。
ドライになっても十分目を楽しませてくれるリースです。
カンガルーポーって、暖かみのある色合いで柔らげな、そしてちょっと動きをつけるのに可愛らしい花材ですね。

DSC01539.jpg

リース作成の後は、師匠が懇意にされているという藤生シェフのノエルのケーキやマカロンを頂くスペシャルなティーパーティを楽しみました。どのケーキもコクがあり暖かみのある味わいで、まさに伝統的なフランス菓子を作り続けていらっしゃるというシェフのこの道一筋の姿勢が感じられるもので、参加者の皆さんもとっても満足気。アトリエもすっかりノエルのデコレーションで雰囲気も盛り上がり。。。。

DSC01551.jpgDSC01552.jpg


ヒペリカム紅葉、グニユーカリ、ヘデラベリー、サンキライ、ドラセナの葉、カンガルーポー

にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 17:42 | | コメント(4) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。