スポンサーサイト

--/--/-- --曜日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| --:-- | スポンサー広告 | ↑ページトップ |

Turner パステル模写

2009/04/12 日曜日

久しぶりの渋谷アトリエでパステルの日。
好きで始めたのに、ここのところなかなか行けず(花見優先など自分都合ですが)。。。
でも、好きな時に行って好きなペースで描けるのもこのアトリエの良いところ。助かってます。

さて、久々に描くのに選んだのはターナー。
昔、テートギャラリーでターナーの作品を初めて観た時には感動しました。けぶるような質感の海の絵が多いです。

DSC05163.jpg

油彩の作品なので、パステルでは出せない厚み、質感など限界はあります。
そんな制約はある中、敢えてパステルならどんな感じに表現できるのか?ちょっとトライしてみました。

DSC05160.jpg

本当は↑こういう絵です。
「雨、蒸気、スピード - グレート・ウェスタン鉄道(1844年)」

「私はそれが何であるかわかってもらうために描いたのではない。
そういった光景がどのように見えるか示そうと思って描いたのだ (J.M.W.Turner)」

自分が感じるままに、、、。絵を描くことにおいてのみならず、この姿勢大事だなと思うこと、あります。

スポンサーサイト

にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 11:07 | 学び | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。