スポンサーサイト

--/--/-- --曜日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| --:-- | スポンサー広告 | ↑ページトップ |

ベランダも春!

2009/03/28 土曜日

ここのところ急に寒くなって小雪がちらついたと思えば、暖かくなったりと毎日着るものに悩んでしまいます。もう3月もあと僅か。4月になったらあちこちでフレッシュな新社会人、新入生を見かけることになるんですね~。自分が社会人になった頃、、、ってもう遠~~~い昔の話ですが、すっかり忘れかけていた色んな初々しい気持ち、思い起こさせてくれる季節です。

さて、ベランダから。濃紺のパンジー。撮り方が下手なせいであまり伝わらないかもしれませんが、ベルベットのような花びらがとっても愛らしく毎日和ませてくれます。

DSC05033.jpg

Viola Worldさんの子供達。実はこの後、ぐんと身長が伸びびっくりしたり。
絶妙な色味が可憐な子たちです。

DSC05015.jpg

クリスマスローズ。前から欲しかったんです。
クレマチス・ピクシーと一緒の寄せ植えです。クレマチス・ピクシーは、以前花屋さんで見かけてとっても気になる存在でした。薄いグリーンの小さな花の色が、クリスマスローズの花の中心の薄緑色に繋がる組み合わせ。眺めてはほぉ~、、、、と感嘆(親バカ)しています。

DSC05020.jpg

街角の桜の蕾に、日に日に近づく春を感じる今日この頃。花粉もあと一踏ん張りです!

スポンサーサイト

にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 00:37 | | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

濱村純さん 伊勢丹コラボイベントにて

2009/03/25 水曜日

少し前になりますが、先日濱村さんがパリからイベントの為に一時帰国されていました。
レッスンもされたのですが、平日だったので今回私は都合が合わず残念ながら参加出来ませんでした。

DSC05006.jpg

レッスンは参加出来なかったけれども、ホワイトデーにちなんだブーケの即売会を訪れ、こんなロマンティックなブーケを作って頂きました。何と言う名の薔薇かお聞きしそびれたのですが、スモーキーカラーのこの薔薇、絶妙なニュアンスと香りを持っています。スイートピーもとっても良い香りで、部屋がいい気で充たされる感じ。ライラックの花は高価でなかなか手が出せませんが、さり気なく添えて頂きました。

DSC05004.jpg

帰り道、ホワイトデーということもあり、こんな贅沢なブーケを持っていると振り返る人の多いこと。ちょっぴり照れながらもプチ自慢しながら足取りも軽く。

師匠は白とグリーンでブーケを作って頂いたそう。コデマリや白薔薇などがのびのびとした一方見の素敵なアレンジでした。



にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 23:54 | | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

ワインホルダーアレンジメント

2009/03/22 日曜日

今日は生暖かい強風の吹き荒れる連休最後の日となりましたね。
傘が吹き飛ばされないように気をつけながら、田園調布のアトリエへ出かけてきました。

今日のお題はワインホルダー。テーブルセンターに飾るアレンジです。
テーブルのお花なので、あくまで料理の引き立て役として、料理の邪魔にならないような花材選びや大きさを意識するのがポイントです。

DSC05040.jpg

アイリスをアレンジで用いるのは今回が初めて。
ちょっと色香の漂う何とも言えないニュアンスのある花です。
師匠に聞いた話ですが、ネイティブアメリカンの言い伝えでは、薔薇と芍薬、そしてアイリスの花は女性のシンボルと言われているそうです。薔薇と芍薬は女性のバスト、アイリスは子宮を象徴するのだとか。色っぽいわけです。

DSC05047.jpg

今日の花材はモーブ系の色味のスイートピー、ワインレッドのダリアなどに、繋ぎとして活躍するヘデラベリー、ミントたち。

DSC05038.jpg

お呼ばれの席にプレゼントとして持参してもとっても喜ばれそうなアレンジですね。うん、ワイン付きで頂けると嬉しいデス!



ジャーマンアイリス、ダリア、スイートピー、ヘデラベリー、ミント

にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 17:35 | | コメント(4) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

名画と出会う ブリヂストン美術館

2009/03/15 日曜日

ブリヂストン美術館へ行ってきました。
1月24日から4月12日まで「名画と出会う 印象派から抽象絵画まで」を開催しており、所蔵作品からではありますが、テーマ毎に素晴らしい作品が展示されています。本展では、印象派から現代アートまでの絵画、彫刻作品約180点を紹介。印象派の誕生と印象派以降の動き、20世紀美術の台頭、抽象絵画の発生と展開、日本近代洋画の歩みという4つのジャンルで構成されています。私が好きなのは前半のコーナー。

20090201_563121.jpg

ピサロ「菜園」
card05.jpg

マネ「オペラ座の仮装舞踏会」
3350-2.jpg

モネ「霧のテームズ河」
20090201_563129.jpg

モネの絵は、雪景色やサンラザール駅、アルジャンテュイユなどを描いたものが好きで、本来、「ザ・モネ」として知られるパステル調の作品はあまり好みではないのですが、この「霧のテームズ河」はとってもとっても小さいパステル画でほぼ青と白しか用いていないのに、それがテムズであることがわかるすごさにプチ感動した作品です。

ゴッホ「モンマルトルの風車」
art02_2.jpg

ゴーギャン「乾草」
card16.jpg

ルオー「郊外のキリスト」
4DPict.jpeg

今回、とても印象に残って何度も何度もこの絵の前に戻ってしまったルオーの「郊外のキリスト」。この作品は、優しい青白い月夜の降り注ぐ郊外の街を歩くキリストと使徒?ら三人を描いている。そこにあるのは孤独や恐怖、、、いや静かな希望や優しさも見てとれる気がして、絵の前で釘付けになってしまい、、、。
もともとルオーの作品はそんなに特別に好きなわけでは無かったのですが、この作品と横に並べられて展示されていた「ピエロ」はとても静かに心に響いてくる何かを感じました。本展で、一番印象に残った画家だったと思います。

「ピエロ」
A5548_I1.jpg

佐伯祐三「ガラージュ」
A5143_I1.jpg

佐伯祐三は昔から好きな画家。ユトリロ好きに佐伯好きは多いのかな?荻須(Oguiss)も好きですね。

ブリヂストン美術館は、とてもこじんまりとした大きさが心地よい美術館。
パリのオランジュリー美術館も、昔、そんな印象でした。一昨年前、改築後に訪れたオランジュリーは、前よりぐぐっとバージョンアップしてちょっと大きく広く感じましたけど、個人的には人気(ひとけ)のあまり無いゆったり巡れる規模の美術館が好きです。

次回の展示はマティスの時代 フランスの野生と洗練を4月21日から開催予定。その次も7月11日からうみのいろ うみのかたち モネ、シスレー、青木繁、藤島武二などが控えており、今から楽しみです。



にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 14:02 | 学び | コメント(4) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

春色チューリップのアームブーケ

2009/03/08 日曜日

今日は久しぶりの田園調布アトリエレッスン。
訪れると、先日行われた師匠の作品展の役者達に加え、更に沢山の花達に迎えられました。ん~。いつにも増していい香り。

DSC04990.jpg

今日のお題はアームブーケ。3種のオレンジ系のチューリップを机をうまく使いながら組上げてゆきます。形はダイアモンドシェイプのちょっと変形ですが、私はちょっとすらりとした形に仕上がりました。ちなみに、チューリップも太陽の光を追う習性があるので、師匠が予めその習性を活かして少しカーブをつけたものとまっすぐなものを上手く場所を選びながら配置してゆきます。

DSC04987.jpg

意識したのは、チューリップの花のすらっとしたその感じを活かした「流れ」とでも言いましょうか。ラッピングから溢れ出るような、流れ出るような印象を作ってみたかったのです。後から見ると、最も手前のあたりに、もう少し花を入れれば良かったな、と反省。でも、好きにやらせてもらった作品には、個々の特徴やその人の癖、「らしさ」が表れて、それをどんどん認識してゆくことによって、その人の強みがわかってくるのだそうです。
私の強み、、、。さて、何でしょうか。

DSC04992.jpg

↓チューリップの葉陰にこんな小さなベビーチューリップが隠れていました。
せっかくなので、ブーケを束ねるラフィアからこの子を覗かせて、ちょっとしたアクセントに。

DSC04997.jpg

まだ肌寒いけど、日は長くなったし、確実に春はもうすぐそこまで来ていますね。
街をゆく人達も、素足のくるぶしを出している人を見かけるようになったり、だんだんと足下の露出があがってきたような気がします。
ベランダのViolaWorldさん他のパンジー達も元気いっぱいです♡。日々観察するのが楽しみ。



チューリップ3種(オレンジモナーク、オレンジエンペラー、ホーランドクイーン)

にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 18:49 | | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

雨の日曜日

2009/03/01 日曜日

今日から3月。このところ雨続き。
花粉症には辛いこの季節ですが、雨が降っていると多少は飛散が抑えられるような。晴れて欲しいのに、花粉は飛んで欲しくない。ジレンマの毎日です。

DSC04951.jpg

ここ最近パンジーやビオラに目が行ってしまいます。
特にこの深く艶々した色味に惹かれて、、、。この前もViolaWorldさんのビオラの可憐な姿に人目惚れして購入してしまいました。

DSC04949.jpg

こちらは、今日訪れた師匠の作品展で展示されていた、ロココ調を思わせる花器にあわせてアレンジされたロマンティックなブーケです。何とも言えぬ良い香りに包まれ、マリー・アントワネットが登場しそうな雰囲気。女子には思わずキュンと来る花合わせです。
ナチュラル、モダン、禅etc.、とっても素敵な師匠の世界観が表現された作品展となっていました。

DSC04979.jpg




にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 19:17 | 日々 | コメント(4) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。