スポンサーサイト

--/--/-- --曜日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| --:-- | スポンサー広告 | ↑ページトップ |

パリの3大フルリストのレッスン

2008/11/30 日曜日

3週間程前の話になりますが、ベストフラワーアレンジメント7周年記念イベントとして、パリのトップフルリスト3人、カール・フーシュ、セバスチャン・マンゴジ、エリック・ショーヴァンが来日し、レッスンを享受する機会がありました。
当日、六本木アカデミーヒルズ上階では、フラワーデザイナー達がブースを構え、各々の世界観をテーブル上で自由に表現。我が師匠も参加していました。

DSC04340.jpg

まるで都会にいるとは思えないような小さな自然がそこにはありました。豊穣の秋を思わせる実物や果実、モスで装飾された可愛らしいビオラやヒアシンス達は、とってもナチュラルでそこにいるのが違和感なく、かのカールも絶賛したそうです。師匠、誇らしいです。。。!

で、レッスンのほうですが、撮影禁止だったので翌日家で撮ってみましたが、出来映えにどうも納得のいかない完全不燃焼な?レッスンとなりました。

DSC04362.jpgDSC04366.jpg

特に残念だったのは、エリックのレッスンで使う薔薇をいつもの習慣で事前に下葉処理してしまったところ、レッスンで「茎は長いから2分して下の葉の綺麗なものは余すところなく使うからね~」と言われ、すっかり調子が狂ってしまいました。。。
ブーケの頭を丸くせず平になるように、且つ、極力スパイラルにならないようまっすぐに組むように、との指示なのですが、これが難しい、、、。この日一番苦労しました。
カールは、いつものように可愛らしい小花達を使ってナチュラルなウェディングブーケを作っていました。いつ見てもそのあしらいは素敵で惚れ惚れします。彼のノルマンディーの田園生活が生み出す究極のナチュラルの中に数滴のモダンのエッセンスが混ざり合い絶妙なニュアンスを創りだすのでしょうね。
そしてセバスチャンのレッスンではカラーを使ったウンリュウ柳のリースを作成。カラーを使うというアイデアは新鮮、紫陽花や実ものを接着剤で飾ったり、、、と細やかな作業を経て完成したリースは意外と1週間くらい保つという話でしたが、本当に保水もせずに保ちました。残念ながら写真を撮るのをすっかり忘れてました。。。。

こんなに著名なトップフルリストが一同に会す(実際には一人一人別だけど)豪華な機会なんてそうそう無いでしょうね。今度はもっと少人数でじっくり習ってみたいものです。やはりパリに行くべし・・・?

スポンサーサイト

にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 21:14 | | コメント(4) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。