スポンサーサイト

--/--/-- --曜日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| --:-- | スポンサー広告 | ↑ページトップ |

裏の顔は・・・

2008/07/31 木曜日

この前の週末作ったバスケットコンポジション。
デンファレばかりクローズアップしましたが、逆から見るとこんな感じ。シックな色味の向日葵と秋色紫陽花が一足早い秋の始まりを予感させます。

DSC03718.jpg
スポンサーサイト

にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 23:05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

パリスタイル 季節のコンポジション

2008/07/27 日曜日

今日は朝からベランダで昨日届いたハーブの苗(センテッドハーブゼラニウム2種/ローズとレモンローズ、ラベンダーグロッソ)を植える作業。1ヶ月程前に自由が丘のお店から持ち帰ったハーブの土10ℓと籠2つ、お待たせしました、やっと出番です。
花曇りだけど、紫外線は強烈。汗だくになりながら作業完了。本当はこの季節にやる作業ではないのだけれど、欲しくなってしまったものは仕方ない。というわけで今後の成長が楽しみです。

DSC03703.jpg

午後からは、前から気になっていた用賀のお花やさんで初レッスンを受講しました。
前から通っているというお花仲間のYちゃんとバッタリ。彼女はブライダルブーケにチャレンジとのこと。

DSC03706.jpg

このアレンジメントでは、真ん中を低めに、両サイドが高くなるようにするのがポイント。パラレルに挿していくとよりスタイリッシュになるそうです。デンファレの顔の向き、先端までをよく見てバランスよく活けていきます。
ブラックベリーで動きを出したり葡萄を手前に垂らしてみたり、、、。実ものが入るとナチュラル感がぐっと高まるとともにお洒落度が増しますね。

DSC03709.jpg

今回は絶妙な色合いの秋色紫陽花をはじめ、シックな向日葵ブラッドレッド、ブラックベリーなど色味の近い花材の中で、濃い色味の花はボルドーのデンファレだけ。
爽やかなグリーンとデンファレのボルドー色というこの花あしらい、意外性があって今回とっても見っけもん!て感じでした(笑)。
Yちゃんもと~っても素敵なナチュラルステムのブライダルブーケ(秋色紫陽花や薔薇数種、実もの他)を仕上げていました。カーリィなアイビーを花の合間をぬってステムに絡ませて完成。

日々暑いこの季節、お花の持ちが悪いので、こちらのお店も8月はお休みとのこと。
よく汗をかき、素敵な出会いのあった一日でした。

秋色紫陽花、向日葵(ブラッドレッド)、デンファレ(ミスティーブラック)、マリーサイモン、ブラックベリー、山吹、フウセンカズラ、葡萄
にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 19:51 | | コメント(4) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

青春(Youth)

2008/07/26 土曜日

友人からもらった贈り物の詩。
くじけそうな時、勇気が欲しくなった時、いくつになっても前を向いて頑張ろうと思える、そんな元気をもらえる詩です。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

青春とは人生のある期間ではなく、心の持ちかたをいう。
薔薇の面差し、紅の唇、しなやかな肢体でなく、たくましい
意志、豊かな想像力、炎える情熱をさす。青春とは人生の深
い泉の清新さを云う。

 青春とは怯懦(きょうだ)を退ける勇気、安易を振り捨てる
冒険心を意味する。時には、二十歳の青年よりも六十歳の人
に青春がある。

 歳月は皮膚にしわを増すが、情熱を失えば心はしぼむ。
苦悩・恐怖・失望により気力は地に這い、精神は芥(あくた)
になる。

 六十歳であろうと十六歳であろうと人の胸には、驚異に魅
かれる心、おさな児のような未知への探求心、人生への興味
の歓喜がある。君にも吾にも見えざる駅逓がある。人から神
から美・希望・喜悦・勇気・力の霊感を受ける限り君は若い。

 霊感が絶え、精神が皮肉の雪におおわれ、悲嘆の氷に閉ざ
されるとき、二十歳であろうと人は老いる。頭(こうべ)を高
く上げ希望の波をとらえる限り、八十歳であろうと人は青春
にして已(や)む。

Youth is not a time of life---it is a state of mind;
it is not a matter of rosy cheeks, red lips and supple
knees; it is a matter of the will,a quality of the im-
agination, a vigor of the emotions;it is the freshness
of the deep springs of life.

Youth means a temperamental predominance of courage
over timidity of the appetite,for adventure over the
love of ease.This often exists in a man of sixty more
than a boy of twenty.Nobody grows old merely by number
of years.We grow old by deserting our ideals.

Years may wrinkle the skin,but to give up enthuasiam
wrinkles the soul. Worry ,fear,self-distrust bows the
heart and turns the spirit back to dust.

Whether sity or sixteen, there is in every human bei-
ng's heart the lure of wonder,the unfailing child-like
appetite of what's next,and the joy of game of living.
In the center of your heart and my heart there is wire-
less station; so long as it receives messages of beauty,
hope,cheer,courage and power from men and from the Infi-
nite,so long are you young.

When the aerials are down, and your sprit is covered
with snows of cynicism and the ice of pessimism , then
you are grown old, even at twenty, but as long as your
aerial are up, to catch the waves of opitimism, there
is hope you may die young at eighty.

サムエル・ウルマン作
作山 宗久訳

DSC00339_convert_20080726201941.jpg

向日葵3種(東北八重、サンフラワーオレンジ、向日葵)、紫陽花(国産)、たにわたり、山吹、レモン
にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 21:15 | 学び | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

早起きな貴女

2008/07/22 火曜日

寝苦しい夜明けにベランダに出て、先週末入谷で仕入れた朝顔の鉢をチェックするのがこのところの日課となっています。
水やりも勿論ですが、沢山ついた蕾が毎日その姿を変えてゆくので「ここだ!」というその瞬間を見過ごさないように、パトロール(笑)しています。今朝は青系の鉢で鮮やかな青紫の朝顔が咲いていました。良かった、会えて!

DSC03696.jpg

朝顔って早起きで、うかうかしていると萎んでしまうので気が抜けません。
すっかり記憶から抜けていたのですが、朝顔は早朝に一度咲くと数時間後には萎み、もう二度と同じ花が咲くことはありません。
なんて刹那的。でもその短い限られた時間に精一杯生ききってゆく朝顔の姿、これもまた永遠でないからこそ素敵なのかもしれませんね。

DSC03695.jpg

こちらはおまけでバジルとローズマリー、サントリナグレイの寄せ植え。
バジルの葉っぱが艶ツヤです。
にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 23:04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

パリの紫陽花 -Ortansia-

2008/07/21 月曜日

7月のパリ。日本なら紫陽花はもう終盤ですが梅雨の無いパリでは気候も爽やか、まだまだ元気に紫陽花が咲き誇っています。

DSC01743_convert_20080721135934.jpg

DSC01745_convert_20080721140346.jpg

DSC01752_convert_20080721140556.jpg

DSC01754_convert_20080721140735.jpg

DSC01750_convert_20080721140458.jpg

DSC01744_convert_20080721140231.jpg

ここは小さな街はずれの公園。そこでは緑が小さなジャングルのように生茂り、紫陽花も野性味溢れ、のびやかに生息していました。
にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 18:55 | Paris | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

入谷の朝顔市

2008/07/20 日曜日

金曜の夕方から開催している入谷の朝顔市を訪れました。
毎年7月6日から8日まで開催される朝顔市、今年は洞爺湖サミットの開催の都合で18日から20日にリスケされたそう。
入谷の地下鉄出口を出ると、入谷鬼子母神(真源寺)前の言問通りに露店や朝顔店がずらっと並び、大にぎわいです。

DSC03690.jpg

私は初めてなので前からあったのかどうかわからないのですが、今年はエコ対応の土にかえる鉢やあんどん(竹製)を扱うお店も多かったようです。
真っ青な朝顔だけの鉢を探してみたのですが、昨今多色の鉢のほうが人気らしく、一色のものはどこも扱わないそうです。残念ながらお目当てとは違いましたが、淡い色の朝顔も清々しさがあって素敵。結局2鉢購入、持って帰りました。蕾も沢山ついていて10月頃まで楽しませてくれるそうです。

DSC03691.jpg

昨日は関東も梅雨明け、35度を超える猛暑の中、朝顔もややぐったりしたくなるような気候。やっぱり朝顔は朝一に見に来るのがベストなんでしょうね。(ちなみにこの朝顔市、朝は5時から開催)友人には夕顔市のほうがいいのでは?と突っ込まれましたが・・・。
また来年も行ってみたいです、頑張って早起きして。
にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 10:40 | 日々 | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

ついに観てきました インディ4!

2008/07/16 水曜日

週末にようやく観てきました。インディ・ジョーンズ「クリスタル・スカルの王国」。
公開からだいぶ経ったものの未だ映画館も混雑激しく、今回は実家近くのシネコンでレイト・ショーです。それでもなかなかの混み具合。。。。

poster_kingdomofthecrystalskull.jpg

このシリーズ、私はDVDをセットでまとめ買いしても良いと思える映画の一つで、流石にもう続編は無いと思っていたので期待半分、心配半分で公開を待っていました。
そろそろ老体にこのアクションはさすがに厳しいだろうと思っていましたが、そこはうまいこと新しい世代も登場させいい感じの話運び。
エンディングはネタばれになるのでここでは控えますが、意見の分かれるところとの前評判は聞いていたので、私も「え?」という派に。ちょっと跳び過ぎちゃったかなぁ~という印象のラストというのが正直な気持ちでしょうか。
DVDセット買いは見直すことにしました・・・(笑)。でも、テンポの良さとユーモアのおりこませ方は、やっぱり好きなシリーズです。

にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 23:55 | 日々 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

Le 14 Juillet - フランス革命記念日のパリ

2008/07/14 月曜日

今から丁度一年前の今日「革命記念日」のパリの街の様子。軍事パレードでシャンゼリゼ通りは通行規制がしかれ、メトロも出口が封鎖されています。

DSC02009_convert_20080714220810.jpg

これはカルーセル門にて上空をトリコロールに染めてゆく「パトルイユ・ド・フランス」の編隊。

DSC02010_convert_20080714220927.jpg

ちょっとけぶるこんなニュアンスが好きです。絵になりそう。

DSC02017_convert_20080714221032.jpg

こちらは騎馬隊。

DSC02048_convert_20080714221149.jpg

こんな日はパト隊の彼らもご機嫌。手を振るとにっこり振り返してくれます。

DSC02058_convert_20080714221406.jpg

この日は軍事パレードを見た後、マルモッタン美術館へ行きました。近くの公園で一息。緑が眩しくゆったりしていい気持ち。

DSC02088_convert_20080714221529.jpg

16区の街角からエッフェル塔が突如顔をのぞかせます。こんなふっとしたサプライズもパリならでは。

DSC02102_convert_20080714221621.jpg



にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 23:00 | Paris | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

Paris, Rungis - ランジス(市場)にて

2008/07/09 水曜日

早朝ランジス市場を訪れました。お花の前に青果市場を通っていきます。中はかなり寒~い。。。。冷蔵庫の中を歩くようです。

DSC01801_convert_20080709201226.jpg

可愛らしいベリーたち、色鮮やかで美味しそう~~!!何気ない箱に入っているだけなのに、なぜかしらお洒落に見えます。

DSC01805_convert_20080709201449.jpg

これは平たい桃(Pêche Plate)。初めて見ましたが、甘くて美味しいのです!

DSC01808_convert_20080709201642.jpg

いよいよ生花市場へ!

DSC01813_convert_20080709201927.jpg

DSC01829_convert_20080709202559.jpg

DSC01837_convert_20080709202327.jpg

DSC01838_convert_20080709202210.jpg

グリーンや実ものの専門店、アフリカ産もの、装飾用の雑貨類などを売っているお店もあります。

DSC01834_convert_20080709203132.jpg

ランジスには有名なフルリスト達が自ら買い付けに現れることもしばしば。この日もEric Chauvin氏他数名訪れていました。

にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 23:55 | Paris | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

あれから一年 パリ、エスプリツアー

2008/07/08 火曜日

DSC01640_convert_20080708003126.jpg

一年前の今日、アトリエの先生主催の花や様々な文化とアートに触れる旅、パリ・エスプリツアーに参加しました。あれから丁度一年なんて信じられない気分。
今日はクール・アースデー。東京タワーも20-22時消灯されました。エッフェル塔はどうなんだろう?、、、と考えたけど、今は夏時間。パリの夜は22時過ぎまで明るく長いのです。

DSC01668_convert_20080708004133.jpg

Jardin du Luxembourg


にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 00:44 | Paris | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

夏休み前、最後のレッスン~パリスタイルも

2008/07/06 日曜日

昨日に続き、連日でレッスンを受けてきました。
今日もうだるような暑さでしたが、アトリエの中は涼やか。
一つ目はナチュラルステムのウェディングラウンドブーケ。丸く完成させる為に、早めに傾斜をつけて下のほうまで組んで行くのがポイント・・・なのですが、これが難しい。オアシスに挿すラウンドブーケと異なり、丸を意識しながら、同時に凹凸をつけてブーケロンで組んで行くなんて、、、、。昨日からブーケで悩みっぱなし。
一応完成形はこちら↓。

DSC03679.jpg

ちょっとわかりにくいかな。こちら、横から見た姿です。

DSC03685.jpg

薔薇2種(アレックス、レモンラナンキュラス)、アナベル、ミント2種(オーデコロンミント、マウンテンミント)、ブラックベリー

悪戦苦闘した後は、ひと月ぶりのパリスタイルレッスン。
なんと贅沢なことに先生とマンツーマンでした。このレッスン私がこのアトリエでお花を始めたきっかけであり、思い入れも人一倍。
今日のテーマはシノワズリ(Chinoiserie)という中国ぽさ、東洋らしいニュアンスを醸し出すアレンジメント。パリスタイルはそのままではお洒落空間でないとしっくりこないかもしれないけれど、ちょっとした和や中などのオリエンタルな雰囲気が加わることで、和の空間にもうまくとけ込んでゆくのですよね。文化って融合するとより一層素敵のヒントがそこから生まれてくるような気がします。
フリースタイルで活けていきます。フリーは任されるプレッシャーも感じますが、今回の花材は何とも言えないくらい可愛らしくて、とっても気分よく手が進みます。。。いつもこんなだと良いのだけどね。

DSC03683.jpg

いやー!可愛い、(先生の言葉を借りて)超可愛い!
プラムの艶々感といい、薄いピンクで丸っこいフォルムのダリア(ピーチ・イン・シーズン)が溜まらなく乙女心(笑)をくすぐります。垂れた耳の猫、いますよね?あれに見えるのは私だけ?
後方には籠から溢れる出るようなアナベルもちらりと見えて、奥行きを演出。

次回ここのアトリエでのレッスンは9月。色々忘れないように練習しなくちゃ、デス。

DSC03687.jpg

ダリア2種(ピンク:まごころ、薄ピンク(小):ピーチ・イン・シーズン)、アナベル、ヤブデマリ、プラム(スモモ)


にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 21:17 | | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

本日のレッスン

2008/07/05 土曜日

今日は7月最初のレッスン、真夏日です。夏場は花の持ちも悪くなるのでこの週末2日連続のレッスンを受け、その後は9月までアトリエはお休みの予定です。気合いが入ります・・・!?
午前中は基本形からエルシェイプ(L型)。よくイギリスなどの祭壇の装飾に使われるスタイル。今日の花材のデルフィニウムをこのアトリエで使うのは初めて。また、こんなに可愛らしい小ぶりの綺麗な色のリューカデンドロンもお初です。すっとしたルスカスでラインをとったら、Lのシャープさを失わないように間を繋いでいきます。今日の実ものはブルーベリー。ブルーベリーの葉は使い勝手が良いのでなかなかお気に入りです。涼やかな雰囲気の出来上がりに。

DSC03655.jpg

デルフィニウム、リューカデンドロン、ブルーベリー、ルスカス

午後は、いよいよ夏の定番「向日葵」の登場。今日はブーケロンに挑戦です。
ニュアンスの異なる3種の向日葵を、横向きにならないようにレモンリーフに花首を上手にひっかけて起き上がるように上向きにさせ、うねるように見せるのがポイント、、、なのですが、なかなかうまく行かず、何度も解体しては最初からやり直しをしました。あまり無理をすると花首からポキリと折れるので怖い。。。。このテクニックはダリアでも使うそうです。向日葵のブーケロンは更に難しいのだとか。と、何だか慰められながら完成。

DSC03651.jpg

目に鮮やかな向日葵には、黒いラッピングが締まってカッコいいですね。

DSC03654.jpg

ちなみにラッピングをほどくとこんな感じ。チョコフレークの秋っぽさも素敵。ビタミンカラーの向日葵のブーケロンに元気をもらって、明日のレッスンも頑張ります!

DSC03659.jpg

向日葵3種(サンリッチマンゴー、チョコフレーク、東北八重)、レモンリーフ


にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 20:45 | | コメント(4) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

キッチンブーケ

2008/07/05 土曜日

夏らしいビビッドな色合わせのブーケロン。
サンタンカの水揚げ方法は、下から1-3cmをコンロまたはガスバーナーで焼き、焦がした後に深い冷水につけるというもの。焦がすことにより茎が真空状態になり、深水につかることでグンと水揚げが良くなるそうです。

DSC00391_convert_20080704232712.jpg

山丹花(サンタンカ)、コニカル、ヒペリカム、ペパーミント、ゼラニウム
にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 00:00 | | コメント(1) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

四角いけど鯛焼き

2008/07/03 木曜日

外出先の淡路町の街角で見つけた小さな鯛焼き屋さん。出来立てのホカホカの四角い鯛焼きを、思わず我慢できなくて買ってすぐにお店の前でぱくぱく。私の周りにはそんな人がたくさんいて、青い空の下、美味しいハッピーなひと時を過ごしました。粒あん入り、一個140円也。

DSC03643.jpg

たいやき 神田達磨
にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 22:49 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

選手交代

2008/07/02 水曜日

DSC00340_convert_20080702072138.jpg

向日葵2種(東北八重、サンフラワーオレンジ)、紫陽花
にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 07:25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。