スポンサーサイト

--/--/-- --曜日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| --:-- | スポンサー広告 | ↑ページトップ |

奇跡のシンフォニー August Rush

2008/06/25 水曜日

観てきました「奇跡のシンフォニー」。

20080314023734.jpg

主演は「チャーリーとチョコレート工場」で有名なフレディ・ハイモア君。
産まれてすぐに孤児院に預けられ、両親の名前も顔も知らないエヴァン。心に聴こえてくる音を通じていつかきっと両親に会えると信じ続けている彼が、孤児院を飛び出してNYで初めて楽器に出会いストリートミュージシャンになり、その天性の音楽の才能を開花させていく様を描いています。
私が思わず鳥肌がたったのは冒頭のシーン。小麦畑の真ん中でエヴァンが自然を相手に指揮をしている姿、そしてまるでエヴァンの指示に従っているかのような緑の小麦の穂。このシーンからぐいぐい引き込まれてゆきます。
pic1.jpg

そして、そうとは知らずに偶然出会った父親とのギターの初セッション。
この別れのシーンのエヴァンのとても切なそうな視線は、観ているこちらも気持ちを掴まれるようです。
観る人によっては「こんなにうまく行くわけないのに」と感じる人もいるかもしれませんが、「信じていれば夢は叶う」と教えてくれるこの作品、私は観て良かったと素直に気持ちよく思えました。
スポンサーサイト

にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 23:02 | 日々 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

清涼感のある花

2008/06/25 水曜日

DSC03610.jpg

先週末届けてもらった八重のグリーンのトルコキキョウ。一輪に花が3つも4つもついていて、実にゴージャス。おまけにもちが良いみたい。柔らかな触り心地のよいティッシュのようなフワフワ感と涼やかなグリーンが清涼感のある素敵なトルコキキョウです。
DSC03612.jpg

こちらはイブ・ミオラとブラックベリー。このところの暑さで一気に開花してしまいました。もう少しだけ楽しませてくれると嬉しいな。
にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 22:36 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

芸術都市パリの100年展 東京都美術館

2008/06/25 水曜日

img7f8c4157zik7zj.jpeg

今年は日仏交流150周年記念の年。上野の東京都美術館でパリの100年展を開催しているので行ってきました。パリが最も絶頂期を築いたと言われる1830年代のロマン派登場の時代からパリ万博を経て国際的に若い芸術家たちを集めた1930年代の100年間の様々な油彩画、彫刻、デッサン、版画、写真など約150点を展示しています。
パリの歴史と芸術作品を絡めながら紹介していてとても興味深い内容でした。

216_2.jpg

私の好きなユトリロも登場。パリの街をパリらしく描いた画家といえばこの人だと思います。これは「コタン小路」。
そして、最もパリらしいと思う風景は雪景色。画家によって描き方は様々ですが、けぶる質感や雪の白の中に色々な表現が感じられる作品が好きです。

1576.jpg

セザンヌの「聖アントワーヌの誘惑」。

DSC03623.jpg

西洋美術館前の庭に佇むロダンの「考える人」。今は紫陽花を背にもの思い・・・?

DSC03625.jpg

クチナシが満開で、そこかしこにとっても良い香りが漂っていました。
久々の美術館。リフレッシュできました!

にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 22:24 | Paris | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。