スポンサーサイト

--/--/-- --曜日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| --:-- | スポンサー広告 | ↑ページトップ |

今日は一日雨続き

2008/06/29 日曜日

パリは快晴で夏日続きとか。羨ましい限り・・・
もうじき去年のパリ訪問から一年経過。こんな梅雨時には湿気と無縁のパリに余計に行きたくてうずうずします。

DSC01648_convert_20080629183356.jpg


スポンサーサイト

にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 19:33 | Paris | コメント(3) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

ウェディングブーケ2種 bouquet de mariage

2008/06/28 土曜日

今日はウェディングブーケ2種を作成しました。
一つは優雅な薔薇ジュリアを用いたオーバルブーケ。

DSC03637.jpg

ブライディというオアシスを使ったフォルダーに挿していくので使える花材のバリエーションが広がります。こちらは花瓶に立てたところ。エレガントなジュリアらにブルーベリーの青い実がフレッシュさを添えて、うーん、ご満悦。

DSC03631.jpg

午後は、ワイヤーを使ったトスブーケ作りに専念。ひたすら細かい作業に励みます。ワイヤーをレッスンで使うのは何ヶ月ぶり?というわけで、緊張の連続。自分の不器用さ加減を恨みつつ黙々と作業、作業、また作業・・・。で、完成したのがこちら。

DSC03636.jpg

直径わずか15cm程の大きさの軽いブーケです。この深紅の大輪の薔薇の名は「ウォンテッド」・・・てピンクレディー?何とも情熱的。斑入りの薔薇も加わって小さいながらもその存在感を感じさせます。

DSC03635.jpg

いやはや、大変な一日でしたが、完成したブーケはまるで我が子のように愛おしくて、親バカ気分です。

オーバルブーケ:薔薇3種(ジュリア、茶薔薇、クールウォーター)、スカビオサ(赤、ボルドー)、ブルーベリー、ポリシャス、オーデコロンミント
トスブーケ(ラウンドブーケ):薔薇2種(レッドイリュージョン、ウォンテッド)、ヒペリカム、ポリシャス


にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 23:24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

紫陽花の季節

2008/06/27 金曜日

雨に濡れた紫陽花は、日に日に深くなる季節の緑をより一層際立たせる主役。ブルーな気分になりがちなこの時期を、日本に生まれて良かったと思わせてくれる、そんな花です。

DSC03614.jpg

にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 23:48 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

奇跡のシンフォニー August Rush

2008/06/25 水曜日

観てきました「奇跡のシンフォニー」。

20080314023734.jpg

主演は「チャーリーとチョコレート工場」で有名なフレディ・ハイモア君。
産まれてすぐに孤児院に預けられ、両親の名前も顔も知らないエヴァン。心に聴こえてくる音を通じていつかきっと両親に会えると信じ続けている彼が、孤児院を飛び出してNYで初めて楽器に出会いストリートミュージシャンになり、その天性の音楽の才能を開花させていく様を描いています。
私が思わず鳥肌がたったのは冒頭のシーン。小麦畑の真ん中でエヴァンが自然を相手に指揮をしている姿、そしてまるでエヴァンの指示に従っているかのような緑の小麦の穂。このシーンからぐいぐい引き込まれてゆきます。
pic1.jpg

そして、そうとは知らずに偶然出会った父親とのギターの初セッション。
この別れのシーンのエヴァンのとても切なそうな視線は、観ているこちらも気持ちを掴まれるようです。
観る人によっては「こんなにうまく行くわけないのに」と感じる人もいるかもしれませんが、「信じていれば夢は叶う」と教えてくれるこの作品、私は観て良かったと素直に気持ちよく思えました。
にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 23:02 | 日々 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

清涼感のある花

2008/06/25 水曜日

DSC03610.jpg

先週末届けてもらった八重のグリーンのトルコキキョウ。一輪に花が3つも4つもついていて、実にゴージャス。おまけにもちが良いみたい。柔らかな触り心地のよいティッシュのようなフワフワ感と涼やかなグリーンが清涼感のある素敵なトルコキキョウです。
DSC03612.jpg

こちらはイブ・ミオラとブラックベリー。このところの暑さで一気に開花してしまいました。もう少しだけ楽しませてくれると嬉しいな。
にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 22:36 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

芸術都市パリの100年展 東京都美術館

2008/06/25 水曜日

img7f8c4157zik7zj.jpeg

今年は日仏交流150周年記念の年。上野の東京都美術館でパリの100年展を開催しているので行ってきました。パリが最も絶頂期を築いたと言われる1830年代のロマン派登場の時代からパリ万博を経て国際的に若い芸術家たちを集めた1930年代の100年間の様々な油彩画、彫刻、デッサン、版画、写真など約150点を展示しています。
パリの歴史と芸術作品を絡めながら紹介していてとても興味深い内容でした。

216_2.jpg

私の好きなユトリロも登場。パリの街をパリらしく描いた画家といえばこの人だと思います。これは「コタン小路」。
そして、最もパリらしいと思う風景は雪景色。画家によって描き方は様々ですが、けぶる質感や雪の白の中に色々な表現が感じられる作品が好きです。

1576.jpg

セザンヌの「聖アントワーヌの誘惑」。

DSC03623.jpg

西洋美術館前の庭に佇むロダンの「考える人」。今は紫陽花を背にもの思い・・・?

DSC03625.jpg

クチナシが満開で、そこかしこにとっても良い香りが漂っていました。
久々の美術館。リフレッシュできました!

にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 22:24 | Paris | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

実ものつながりで・・・バスケットアレンジ

2008/06/22 日曜日

ブラックベリーの実ものつながりで、以前に作ったバスケットアレンジも。

DSC02867.jpg

イブ・ピアッチェは香りが高くてそこにいるだけでその存在がすぐにわかる薔薇。イブ・シルバ、イブ・ミオラ、イブ・ピアッチェはイブ3姉妹と言われ、シルバ→ミオラ→ピアッチェの順で花びらの色が濃くなります。花びらの先端になる程色が濃くなっていく姿も、蕾から咲ききるまでの姿も見ていて飽きさせません。そこに寄り添っている赤い実のビバーナム・コンパクター、その艶感がイブ・ピアッチェにこの上なく相性よく、この組み合わせはお気に入りの一つです。

ダリア、イブ・ピアッチェ、ビバーナム・コンパクター、ヒペリカム、ヤブデマリ

にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 21:54 | | コメント(1) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

ブラックベリー

2008/06/22 日曜日

今日は生憎の梅雨本降り。鴨居に新居を構えたもと同僚宅にお呼ばれだったので、季節のブーケを作り、最近のお気に入り「黒トリュフ入りカマンベール」を持参して参上しました。とっても仲の良い夫婦、爽やかな新居にお似合いで楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。美味しいお食事の数々と楽しいひと時、どうも有難う!

慌てん坊の私、ブーケを撮り忘れたのでその中に用いたブラックベリーの画像をアップすることにします。

DSC03601.jpg

このプチプチ感、じっと見ていると何だか虫のようにも見えてきますが、季節の実ものを入れるのはとってもパリっぽくて好きです。黒みがかった緑のツブツブのブラックベリーに、純白の紫陽花、八重(グリーン)のトルコキキョウ、ミント、リョウブでこしらえた白とグリーンのブーケ、二人が気に入ってくれてたらいいな。

にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 21:22 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

続 まこという名の不思議顔の猫

2008/06/21 土曜日

ついに入手しました。「続 まこという名の不思議顔の猫」。

mako.jpg

15日の発売以来、本屋を見つける度に探していたのですが、予想以上の大人気でどこも在庫切れ。このまこ、ちょびっと不細工顔ですが、とっても人間ぽくもあり人情(猫情?)味あふれる魅力的な猫。でも、実は動物保護ボランティアの手を経て筆者に引き取られたという背景の持ち主です。
前田さんという飼い主の方とその旦那様はまこをはじめ、計3匹のこのような生い立ちの猫達を飼っています。猫達は最初、おどおどしたりびくびくしたり、今でもその過去を完全に拭えずにいる猫もいるけれど、暖かいご夫婦に大切にされ、確実に着実に幸せな時を過ごしている様子が伺えて、読んでいる私も何だか暖かい優しい気持ちになってきます。笑えてそしてちょっぴり泣けて・・・

昨今のペットブームの陰で、泣いている、脅えている、命を断たれていく動物達もいます。

ペットって何だろう?
ブームじゃない、アクセサリーでもない。私たち人間と同じ命なんだって、改めて教えられていると感じるのです。
にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 00:31 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

また来年

2008/06/17 火曜日

芍薬の花。パリスタイルのアレンジメントを始めてから好きになった花の一つです。

今年も色んな表情を見せて私たちを楽しませてくれました。
固くて丸い蕾がだんだん膨らんであっという間に咲き誇るその大輪の姿は、まるで赤ん坊から少女へ、そして高貴な貴婦人に変身する様を見ているかのよう。

DSC03544.jpg

有難う。また来年会えるのを心待ちにしているよ。

にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 22:09 | | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

100万人のキャンドルナイト

2008/06/16 月曜日

今年も一番夜が短くなる6月21日夏至の日に100万人のキャンドルナイトが開催されます。

2008mainvisual.jpg

これは「100万人のキャンドルナイト実行委員会」の呼びかけ文。

*****************************************************************
私たちは100万人のキャンドルナイトを呼びかけます。
2008年の夏至の日、6月21日夜、8時から10時の2時間、
みんなでいっせいにでんきを消しましょう。

ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を、
ある人は世界のいろいろな場所で生きる人びとのことを思いながら。
プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。
それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、
文明のもっと大きな可能性を発見する
プロセスであると私たちは考えます。
一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、
ただ2時間、でんきを消すことで、
ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
地球上にひろげていきませんか。

2008年、6月21日、夏至の日。よる8時から10時。
でんきを消して、スローな夜を。
100万人のキャンドルナイト。

Tous ensemble, éteignons les lumières pendant deux heures de 20h à 22h le soir du solstice d’été, le 21 juin 2008.
Pourquoi ne pas lire un livre à vos enfants à la lumière d’une bougie?
Ou dîner tranquillement avec celui ou celle que vous aimez?
Se débrancher, c’est ouvrir une fenêtre sur un nouveau monde.
Pour certains, il s’agit d’économie d’énergie, pour d’autres de paix,
ou encore, de communion avec tous les gens de la Terre.
En éteignant les lumières pendant juste deux heures, chacun pour ce qu’il souhaite,
nous pourrions émettre à travers la planète une “vague d’obscurité” qui se répandrait en douceur.

Les veillées aux bougies ont commencé au Japon en 2003 suite à celle organisée au Canada en 2001 en protestation de la politique énergique du président américain, George W. Bush. Nous avons lancé ce mouvement pensant que plutôt que de crier un million de fois “Non au nucléaire!”, le fait que chacun fasse directement l’expérience de ces quelques heures précieuses puisse nous mener un jour vers un monde réellement pacifique. Nous organisons ces veillées les jours des solstices d’été et d’hiver, jours qui marquent le temps de la Terre, et ne sont pas des jours commémoratifs fixés par les hommes. Actuellement, pluisieurs millions de personnes y participent au Japon, et ce mouvement se propage également dans les autres pays.

Si vous appouvez notre mouvement, veuillez laisser un message sur le site “Candlescape.” Puis, veuillez allumer des bougies avec nous pendant la semaine suivant le solstice d’été.

Ce que peut faire l’individu est certes limité, mais, comme les pièces d’un puzzle qui s’ajoutent les unes aux autres, il est la force de tout grand changement. Depuis la première veillée du solstice d’été 2003, de plus en plus de gens nous ont rejoint par le biais du bouche à oreille et de l’Internet, si bien que la participation actuelle a atteint un niveau tout à fait inattendu. “Candlescape” est un site qui unit toutes ces aspirations latentes. Nous l’avons lancé pour évaluer en temps réel l’ampleur de cette vague d’adhésion à notre mouvement.

Cette année, le sommet du G8 aura lieu au Japon juste après le solstice d’été. En cette année importante pour le futur de la Terre, veuillez nous envoyer vos messages à l’approche du Sommet.
Cette année, les veillées au bougies dureront jusqu’à la veille du Sommet, soit le 7 juillet. Eteignez donc vos lumières, appréciez la lenteur de ces instants et envoyez-nous un message.
******************************************************************

6月21日夏至の夜、あなたも電気を消してキャンドルの明かりのもと、私たちの地球のことを考えてみませんか?
にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 00:22 | 環境 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

アレンジメント2種

2008/06/15 日曜日

昨日の作品2点。
ウェディングで主に子供が手に持つバスケットブーケ。取手部分をモスで飾ったカジュアルなスタイルで二次会などにも使えるそうです。今日の主役はヒメヒマワリ。初めて使ってみましたが、とってもキュート。このポコポコした凹凸の感じを出すのに苦労しました。

DSC03587.jpg

次は浅い丸形のギフトボックスでのアレンジ。ああ、丁度父の日だなぁと思いながら作成。(結局、私の家に飾られてますが、、、)
最後にラッピングまでして完成!
DSC03590.jpg

ちょっと上から覗いたところ。全貌が見えず、チラ見せがポイントです。

DSC03596.jpg

ラッピングをほどくとこんな感じ。まだ青いすぐりの実と濃いボルドーのダリアのコントラストが我ながらお気に入り。

DSC03600.jpg


バスケットブーケ:ヒメヒマワリ、ミント、ブルーベリー、ヒューケラ
ギフトボックス:バラ(チェリーブランデー)、ダリア、スカビオサ(ボルドー)、ミント、スグリ

にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 13:01 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

iPhone3Gいよいよ登場!

2008/06/11 水曜日

まだ日本には来ないのかと発売が待たれていたiPhone、やっと7月11日に日本にお目見えとの朗報がこの週明け世の中を騒がせました。

main_homescreen20080609.jpg

だけどキャリアはソフトバンク。ドコモユーザーの私は、悩める選択を迫られるわけで。。。あー、でも可愛い。。。。買うなら「ホワイト」かな。昨年末Leopard発売を機に、約10年ぶりにマカーに戻った私。家のMacBookとも相性ぴったりだしね。と、何だか今からどうやって移行しようかなんて考えだしてる。携帯メールの入力方法気になります。。。
specs_colors20080609.jpg


にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 22:50 | 日々 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

髪を切りました

2008/06/08 日曜日

久々に髪を切りました。
昨年末頃からボブスタイル(のつもり)にしてましたが、どうも伸びてくると切りたい衝動にかられること数十年(笑)。毎回美容院に行く時には、あんな風にもこんな風にもしてみたいヘアスタイルが出てきます。それも自分の髪の長さおかまいなく。
というわけで、今回もさらに伸ばすか、思いきって切るかの選択の前「切りましょう!」というここ数年来頼りにしている担当のスタイリストとカラー担当の女性の声に押され、ショートに。切ったら何だか余計なものも捨てたみたいで気分もすっきり。
髪を短くすると、綺麗な色の服が着たくなりますね。結局その帰り道にふらっと初めて入ったお店で衝動買いも。でも満足なお買い物が出来ました。戦利品、いつ着ようかな・・・♪

DSC00527_convert_20080608205435.jpg

ダリア(オレンジ・マナーサンセット)、ダリア(紅白・福寿)、キイチゴの葉、フランボワーズ、鷹の爪
にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 21:06 | 日々 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

デッサン2点

2008/06/07 土曜日

タマネギとピーマンのデッサン。前回までに学んだ「形を捉える」「質感を表現する」の課題練習で、今日はこの2つの野菜が並びました。
うむ、、なかなか難しいのですが、球形や円柱などの造られた形よりもやはり一つ一つに個体差があってそれが何とも言えず味わい深く、夢中で描いていました。
デッサン講座もあと残すところ1回。その先は、いよいよ楽しみにしていた初「パステル画」へチャレンジ!?できるのでしょうか。

DSC03585.jpg

にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 23:02 | 学び | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

山のあなた 徳市の恋

2008/06/07 土曜日

main.jpg

「山のあなた 徳市の恋」を観ました。
予告編や監督や出演者の談話を聞いて久々に映画館で観たいと思った邦画です。山間の温泉を舞台に描かれる、この季節に決まってここを訪れる按摩達と東京からの女、そして男とその甥の人間模様。美しい田舎の風景、緑の眩しさ、ゆったりした登場人物たちの会話、心に染み込む音楽は、急ぎ疲れた現代人の心を癒し懐かしい想いを起こさせる、そんな作品です。
にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 22:54 | 日々 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

HEROES

2008/06/07 土曜日

HEROES、観てます。今ちょっぴりハマってます。
最初は噂先行型かと思いきや、なかなかの面白さでしょうか。
ここはドラマに登場する超人(?)達の一人、日本人(には見えないが)のヒロ・ナカムラが時空を操り突然現れ「やったー!!!!!」と叫ぶNYのBROADWAY。
雑多で何気ない、でも生きるエネルギーとパワーに満ちた場所。

DSC00603_convert_20080607014937.jpg

もう一つ、今お気に入りでハマっている海外ドラマ「ダメージ」。
この前にやっていた「デスパレートな妻たち」が大好きで、たまたまその流れで観ることになったのですが、久々にみるグレン・クローズの怪演ぶりとその奇怪でなかなか見えてこないストーリーの裏側に引き寄せられ、どっぷり。。。。
週末まで待てずについ夜中に観てしまったりするわけで。誘惑に負けて寝不足の朝を迎えてしまうのでした。
にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 02:14 | 日々 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

布の花

2008/06/04 水曜日

フランネルフラワー。
フランネルのような質感とモスグリーンと白のコントラストが柔らかくて優しげな花です。雪がぴったりあいそうな可憐な花なのに、原産地はオーストラリア、乾燥地に分布する宿根草。
花言葉は「高潔」。

DSC03062_convert_20080604221850.jpg




にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 22:22 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

「カラスとキツネ」と少年達

2008/06/02 月曜日

パリ16区、メトロ9番線La Muetteから歩くとほどなくJardin du Ranelaghラヌラグ公園に入ります。近くにマルモッタン美術館もあるこの公園、お天気の日には家族連れで芝が埋まる程人気。
こちらは、17世紀フランスの寓話作家Jean de la Fontaineジャン・ド・ラ・フォンテーヌの像にて可愛いらしい兄弟を見つけてパチリ。

DSC02089_convert_20080602234439.jpg

しかし、、、、あ、気になっちゃった?
ごめんね。失礼しました!
カラスとキツネの間にちょこんと座っている君達。あまりに可愛くて・・・

DSC02091_convert_20080602234652.jpg




にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 23:50 | Paris | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

お呼ばれにて

2008/06/01 日曜日

今日は10年以上のお付き合いになる会社同僚宅へお呼ばれ。
とっても素敵な彼女のお宅にお邪魔するにあたり、白の芍薬とイブ・ミオラとオーデコロンミントのブーケロンを持参しました。

DSC03570.jpg

途中、懐かしい学芸大学のチーズ屋さんに立ち寄り購入したのが、この黒トリュフ入りカマンベール。真ん中の少し黒っぽい層が黒トリュフが入っているところ。何だか贅沢だけどついつい後をひくワインとぴったりのチーズです。思わず自分用にも購入!
久々に再会する友あり、あっという間の美味しくて楽しい時間が過ぎていき・・・。

DSC03575.jpg

ところで、昨日先生宅で作った白とグリーンのブーケロン、何だか芍薬がどんどん膨らんできました。ますます丸く大きくなってきて、すごくキュート。日々違う顔を見せてくれるのが楽しみです。

DSC03567.jpg


にほんブログ村 花ブログへ ←応援クリック有り難うございます!

| 22:29 | 日々 | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。